全社員向け研修 | 法人向け英語研修・グローバル人材育成 | ベルリッツ・ジャパン

全社員向け研修

  • お問い合わせ
  • 資料請求

よくある研修・育成担当者の悩み

  • 全社的に英語力向上を求められているが、
    どこから着手してよいかわからない
  • 対象者全員に同品質のプログラムを提供してほしい
  • 対象者のレベルに合ったプログラムを提供してほしい

ベルリッツの全体向け研修のポイント

ベルリッツでは、法人専門の営業部隊が担当し、ヒアリングで貴社の課題を伺うことからスタートします。そして、これまでの数多くの事例から貴社に最適な研修プランをご提案します。


1.ゴール設定からお手伝い
  • 英語を利用する状況や緊急度などを踏まえて、目標設定をご提案します。
  • 部門単位、個人単位での現時点での能力のばらつきにも配慮します。
  • 研修効果の指標や測定方法、実際の運用方法についてもご提案します。
  • 英語研修が初めてでも安心です。
2.貴社の状況・課題を解決するレッスンプランを豊富な選択肢からご提案
  • 関東、関西、東海の主要駅近くにある教室にご通学いただいてのマンツーマンまたは少人数(2~3名)レッスンから選べます。
  • 講師が貴社にお伺いしてレッスンを提供する講師派遣も可能です。
  • ご都合のよい時に場所を問わず利用可能なオンラインレッスンもあります。
  • 人数や期間、ご予算などにきめ細かく対応します。
  • 自己啓発制度の導入にも対応しております。
  • 異動、転勤、赴任があっても国内外のベルリッツで継続受講可能です。
3.どのレッスンプランでも世界最高水準のレッスンをご提供
  • 世界基準で厳しい採用~トレーニングを潜り抜けた精鋭の講師陣です。
  • 採用後も最低5回/年の評価と継続的なトレーニングで高品質を保っています。
  • 統一された質の高いレッスンメソッドがあります。
  • 教え方にバラツキがなく、受講した社員の満足度を高められます。
  • 受講形態によるレッスン品質に差がないため、地域、国を問わず対象社員全員に共通の高品質な研修を提供可能です。
4.対象者のレベル・目的ごとに異なるプログラムのご提供も可能
  • 初級~上級まで全10段階の世界標準のレベルを設定しています。
  • 様々な目的に対応可能なレベルx用途別の幅広いプログラムです。
  • 即実践するためのカスタマイズレッスンを提供しています。
  • 英語が母国語ではない外国人社員にも同じプログラムを適用可能です。
  • 実際に英語を利用するシーンを想定し、実践的にカスタマイズが可能です。
ソリューションプラン(導入事例)[1]
現在の語学レベル

初心者レベル(学生以来、英語の勉強をしてきていない)
初級者レベル(単語をつなぎ合わせて自己紹介ができる)
中級者レベル(通常業務であれば問題ないレベル)

背景・目的

全社員対象に英語力底上げを目的とした研修を実施したいが、レベルが様々なので、どのように研修を運営すればいいのかわからない。

研修概要・フロー
アセスメント&クラス分け

研修ご担当者様より受講希望者のリストをいただき、スピーキング、リスニングに特化したアセスメントを実施。 受講希望者の語学レベル(会話力)、スケジュール等を調整し、最大4名のグループを複数編成します。

グループごとにレベルに合った研修を実施
  • マンツーマン
  • レベル別英会話

レベル別に、ビジネスに直結したテーマで即明日から使えるレッスンをアレンジ。週1回、1回2時間×16週を1タームとするプログラムを作成、提案しました。直属の上司の承認のもと2ターム以上の継続受講も可能とし、継続的な学習をサポートします。

初心者クラス
中学生で学ぶ単語のみでも会話をつなげるトレーニングを実施
テーマ例:「簡単な自己紹介を行う」「電話をかける」
初級者クラス
ビジネスシーンを想定してロールプレイを繰り返し行うことで、ビジネスシーンに必要な語彙、文法を学習します
テーマ例:「自社について説明する」「営業実績を報告する」
中級者クラス
単に「伝える」ための語学力ではなく、相手を惹きつける表現方法、立ち振る舞い、ジャスチャ―など効果的なコミュニケーションスキルを養成します。
最終成果
  • 一年後(2ターム継続して受講した結果)、以下のレベルに到達。
  • 初心者 外国人が来客した際に会社の案内など最低限度の会話ができる。
  • 初級者 赴任後、日常会話レベルでは意思疎通することができる。
  • 中級者 会議でロジカルに自分の意見を述べ、聴衆を惹きつけるプレゼンテーションができる。
ソリューションプラン(導入事例)[2]
現在の語学レベル

初級者レベル(単語をつなぎ合わせて自己紹介ができる)

背景・目的

全体的に語学レベルがTOEIC®テストが300点台。学生以来英語の勉強をしていないため、英語学習への習慣もなくモチベーションも低い。

背景・目的

1回2時間×14回のトレーニングを提案しました。前半は、日本人講師による、日本語を交えたInput重視の研修で、苦手意識の払拭とマインドセットを計ります。後半は、外国人教講師によるOutputをメインとしたトレーニングで、前半でInputした英語を定着させるとともに、話せる自信をつけていただきます。

研修概要・フロー
マインドセット、セミナーの実施
  • グループ

現在のグローバル化の流れ、英語ができると可能になることなどを紹介し、英会話を学ぶモチベーションを高めます。 その後、目標の設定、目標達成までの道のり、具体的な学習方法などを共有します。

日本人講師による研修を実施
  • グループ

語学力の土台となる、単語、文法を中心に学習します。単語テストで進捗を把握しながら、必要な語彙を定着させ、挨拶や簡単な会話ができるレベルまで引き上げます。日本語で質問でき、講師も必要に応じて日本語で説明するので、英語学習への抵抗が抜けきらない、という受講生も参加しやすい環境です。

外国人講師による会話トレーニング
  • グループ

外国人講師によるオールイングリッシュでのレッスン。 「初めて会う人と挨拶する」「日取りを尋ねる、決める」など、前半で学習した内容を、会話の流れで話せるようになるように、繰り返し会話の練習を行います。

最終成果
  • 語学学習をすることへの抵抗が払拭された。
  • TOEIC®テストのスコアが平均80点アップ。
  • 受講生は成長実感により学習モチベーションが高まった。
  • 外国人を前にしても臆せず話せるという自信が芽生えた。
  • 引き続き研修を実施したいとの声が多数上がった。
ソリューションプラン(導入事例)[3]
現在の語学レベル

初心者レベル(学生以来、英語の勉強をしてきていない)
初級者レベル(単語をつなぎ合わせて自己紹介ができる)
中級者レベル(通常業務であれば問題ないレベル)

背景・目的

研修予算が十分には取れないため、社員の自主的な取り組みを奨励、補助する、という形にし、自己啓発する風土を作りたい。

提案事例

自己啓発制度※の導入を提案。研修終了後「修了証」を提出いただき、出席率80%以上で補助金を還付するなどの体系的な精度を構築。
※自己啓発支援制度とは研修担当者が会社のイントラなどで告知し、社員自ら自分の意思で語学学校を選定し、お支払いをする制度。

研修概要・フロー
自己啓発の仕掛けづくり

社員の方が英語学習へ取り組めるような仕掛けの周知、啓蒙活動を行います。

<参考例>
1. 貴社専用の特設サイトをベルリッツにて制作
2.社内のイントラなどで事前告知
3.年一回のセミナー実施(テーマ例:モチベーションアップ、英語学習法)
4.会社限定のキャンペーンを実施

社員の方が各自お申込み・ご受講

『マンツーマン40レッスン』『オンライン40レッスン』『少人数(2~3人)48レッスン』を会社の補助対象となるコースとして設定。希望する社員の方ご自身にお申込みのうえ、ご受講いただきます。

修了した社員に会社補助を支給

補助対象のコースを修了した各受講者に、ベルリッツから「修了証」を発行します。「修了証」を人事部に提出した社員に、受講状況(出席率80%以上を条件にする、など)に応じた会社補助を、所定の方式(半期ごとに締切り、翌々月給与に上乗せて振込み、など)で支給していただきます。

最終成果
  • 会社補助を導入したことで、会社のグローバル化推進の意思が社員に伝わり、積極的に学習に取り組む社員が増えた。
  • 総額会社負担での研修実施に比較してコストを抑えられたことに加え、研修担当者による手配や取りまとめといった業務が軽減され、全体的に研修を低負荷で提供できた。

TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS).This website is not endorsed or approved by ETS.

経験豊富な担当者が最適な研修をご提案します

お急ぎのお問い合わせ(平日9:30~18:00)

東京

03-5412-6190

■関西 06-6311-5643 ■東海 052-561-4644 ■九州 092-717-1221

ページトップに戻る

研修プラン

対象者別に探す

研修プラン

プログラム別に探す

英語研修

異文化・リーダーシップ・リーダー研修など

受講形態
ベルリッツの強み
導入事例
導入までの流れ
契約実績
お見積り・お問い合わせ
関連サービス
その他